ステンレス端材及びスクラップの外販を行っていた日清鋼業 営業3課のステンレス部門が、山田千秋により「山田特殊金属株式会社」として創業される。